白昼夢で踊る犬

本書に一切真実はない。全ては真っ赤な嘘である。

イーヴォ・ポゴレリッチ サントリーホール20161210公演感想

サントリーホールでイーヴォ・ポゴレリッチのピアノコンサートを聴いてきた。
お友達が取っていたチケットなのだけど急遽出張が入ってしまい譲っていただいたチケット。
ポゴレリッチでしかもS席という贅沢なのでそのお友達には年明けにでもちょっとお高いデザートとドリンクを奢らせていただく予定だ。

演目は
ショパン バラード2番
シューマン ウィーンの謝肉祭の道化
アンコール シベリウス 悲しきワルツ

という構成。
ポゴレリッチの音源は3枚持っているがコンサートは初だ。
とにかく「おもしろい」演奏だった。
ショパンは曲自体がロマンチックというか狙いが個人的にはすまされてる感があってあまり好きではないのだが彼の演奏はちょっとびっくりするような間の取り方だった。
それが良い意味でショパンの上品さを減じていてそれが最初戸惑った間により彼独特のグルーヴ感を生み出していったので、みんな聴きなれすぎた有名曲にも関わらず「どんな風になるんだろう」と聴き入ってしまった。
クラシックに「グルーヴ感」というと少し違和感のある人もいるかもしれないが私はこの「グルーヴ感」を重要視している。
溜めも計算されて、勿論、休符も計算されると曲全体の流れにただ感情的なだけじゃ出せないうねりが出てくる。
これはクラシックの人には比較的苦手なリズム感なのだが複雑なリズムパターンを繰り返し聴いていくとこのグルーヴが身につく。
ポゴレリッチはフォルテが得意だが生で聴くとフォルテの在り方の多様性がよく分かった。
彼のフォルテは叩きつけるところがまるでない。
大合唱のような底辺の柔らかさを持ちながらダイナミックなフォルテだ。
あれだけ広い会場の(多分)隅まで行き渡らせる音量でありながら叩きつけないのはとても難しいと思う。
シューマンはひたすら楽しかったし、このフォルテが活かされたのが最後のラフマニノフだと思う。
ラフマニノフは曲自体が音数が多いのでどうしても音色を10本の指それぞれに弾き分けることの出来るピアニストは稀有な存在となる。
聴いてて音色の分離の良さと想像力と豊かさにはため息がもれた。
勿論弱音(ピアノ)のラフマニノフの危うさ、怪しさも醸し出されていた。
技術的にも難しいラフマニノフをこう、悠然と弾き、出す音階と引っ込める音階を分け、聴き手に「聴かせる」のはさすがだなと思った。

アンコールはシベリウスの悲しきワルツ。
知らなかった曲なのだがその静けさと和音の不思議さにとても気に入ってしまった。
こういう曲をアンコールで選ぶの、楽しいなー。

ちなみにポゴレリッチは全部譜面持ち。
どうやらポゴレリッチは譜面の書き込み度が他のプロからみても尋常じゃないらしいので、暗譜(手元をみて弾ける)より書き込んだものを完全な形で再現させたいのかなと。
その譜面みてみたい。

色彩溢れた演奏に、チケットを譲ってくれた友達に感謝するしかありません。
ありがとう!f:id:nyao1214:20161210223804j:plain